読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縮れ毛の映画見聞記

映画好きでよく見るから感想書きたいの

戦時の日常映画「この世界の片隅に」

はいども。

 

最近FFの新作が楽しくて

睡眠不足です。

 

今回見る映画は、

この世界の片隅に

f:id:kennbunnki:20161204235222p:plain

 

いやー、前々から気になってたんだけど、

長引いちゃった(笑)

 

アニメならではの描写や表現、

更に、どんなストーリーなのか

とっても気になるところ。

 

でわさっそく要チェケラ!

 

 

 ~あらすじと感想~

この作品は、ざっくり言うと

戦時の日常映画というイメージ。

 

主人公が嫁に呼ばれ、

知らない人たちと生活していくその日常が主な内容。

f:id:kennbunnki:20161204235809p:plain

うっかり屋さんの主人公ゆえ、

所々にも笑いがある。

終盤までほのぼの観られる。

 

ただ、声優に能年玲奈さん改めて、「のん」さんを起用したのはちょっとって感じかな。。。

もう少し他にいたと思うけど、

まぁこれはこれか。って感じ。

 

そしてまた小野Dだよ(笑)

幾度となく聞いたよ(笑)

でも彼の担当する人が切なくて、また良い。

 

うん、そう思うと

内容的には面白かったし、

多少なりとも感動したかな。

 

ただ、レビューでは

めっちゃ感動する!

涙か止まらなかった!などなど、

期待値をあげてくれるコメントばかりだったので、楽しみだったが、、、

 

うるっとはしたものの、

泣きはしなかった(感性に乏しくてごめんなさい笑)

 

 

~大変でも愉快な日常~

 今作の見どころはなんといっても

戦時中の日常。

 

忙しく、貧しく、大変な生活でも、

愉快で楽しい日常が描かれている。

 

f:id:kennbunnki:20161205000017p:plain

 

ドジでうっかり屋という、主人公の性格が

また楽しい日常を描く際に拍車が掛かっているのかもしれない。

 

 

~意外にあっさり~

 見た人の大半が泣いた!

と言ってたから

いったいどんな内容なのか期待していた。

 

夫が戦争に行き、会えなくなり、終戦を迎えて久々の再会!

的なクライマックスだと思ってたけど、

終戦を終えた後、

意外とすぐ会えてしまう(笑)

 

あ、よかったねーって感じ。

 

ちょっと残念。

新しいといえば新しいのかな。

 

まぁ泣くシーンはここでは無いということ。

詳しくは劇場で。

 

 

 

~リピーター多し~

今作は11/12に公開された。

もう半月も経ってるし、ガラガラだろ

とタカをくくって新宿の映画館に向かったら、、、

 

なんと超満席!

お陰で品川まで行くハメに…

 

とまぁ、レビューに書かれたことは

あながち嘘では無さそうだ。

(なぜ俺は泣かないんだろ…)

 

あれかな、ハマる人はハマル的な!

 

 

 

と言った具合の映画であった。

 

また見たいとは思わないけど、

いい話だった。

 

皆も1度見に行ってもいいかも知れない。

感動する人には感動するからね(笑)

 

でわでわ~(^_^)/~~