読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縮れ毛の映画見聞記

映画好きでよく見るから感想書きたいの

すっげー悲しい物語。「縞模様のパジャマの少年」

映画

どうも。

なんだかんだで3本目。

映画って楽しいね(笑)

 

さて、今回観た映画は

縞模様のパジャマの少年

f:id:kennbunnki:20161125194723p:plain

 

ゲオで「何借りようかな~♪」と探していた時、

「落ち込んだ時に見ると立ち直れます!」

と書かれたポップが目に入り、思わず借りてしまった。

 

というわけで早速拝見…

 

~ざっくりあらすじ~

 本当にざっくり言ってしまうと、、、

ユダヤ人強制収容所にいた同じ年の少年と友達になる

という話。

 

主人公↓

f:id:kennbunnki:20161126003013p:plain

ネタバレになっちゃうから

ここではこれ以上の補足はやめとくね(*'ω'*)

 

この作品がまた「衝撃」だったし、

なんといっても悲しかった

 

 

まぁ、大体オチ予想はつくわ~

って思ってる人!!

大間違い!!!だと思う(笑)

 

ラスト30分からの土堂の急展開ね。

(まぁ、あくまで俺個人の話なんで、感がいい人は気づけるかも)

とにかく、俺は全く予想してなかったから、余計驚いちゃった。

 

でも、あのゲオのポップ「落ち込んだ時に見ると立ち直れます!

の意味は何となく分かるかも。

お前の落ち込みなんか、ちっさいんだぜ!!って言われた気分。

割と荒療治…

 

本作は12歳以下は禁止されている。

それくらいの内容だ。

 

グロイとか、エグイとかではなく、

惨い…

といったほうがぴったりだろう。

 

 

~主人公の心情~

今作では主人公の心情が特に激しく動く。

まぁ、八歳の少年なら仕方ないよね。

 

同じ人間なのにユダヤ人はなぜ敵なのか。

そもそもユダヤ人がなにをしたのか。

なぜ、話すことも会うことすらタブーなのか。

 

などなど、無知の少年だからこそ

考えさせられることがたくさんだ

 

特に主人公がパウエル(ユダヤ人の召使)に何気ない会話をするシーンは

とても重く、つらく感じた。

少年の素朴な質問は召使にとってさぞ辛かったろう。。。

彼の表情は演技とは思えないほどリアルで、俺は引き込まれた。

f:id:kennbunnki:20161126014345p:plain

いまでもこの画像を見ただけで込み上げてくるものがある。。。

 

さらに、彼は、シュムエル(ユダヤ人のお友達)への小さな裏切りによって

生まれた罪悪感が、ある約束を交わす。

その約束を果たすため、それが本作ラストのカギとなる。

 

 

とまぁ、今回はあんまし感想言えなかったなぁ。

というか、自分でもわかりにくいね今回(笑)

 

いつもみたく、いろいろ書きたいんだが、

内容が内容だけに、とっても書きにくい。。。

 

ここまでめちゃくちゃ時間かかったもん(笑)

 

でもこの作品もぜひ見てほしい。

1時間半で、時間的には疲れないが、

 

何度も言うように、

とっても悲しくなる

 

ただ、間違いなく心には残る。

こういうのを名作っていうのかなぁ。