縮れ毛の映画見聞記

映画好きでよく見るから感想書きたいの

疾走感MAX「ターザン・リボーン」

はい、どうも。

1日2作も見るとはなんとも贅沢ですな~。

 

今回見る映画は

ターザン

f:id:kennbunnki:20161214002104p:plain

 

いやー、ずっと気になってたんだよねこの作品。

 

待ちに待ってた!

 

今作は、ターザンが人間の女性と結婚し王になった後の話。

実は元のターザンを知らない俺…

 

楽しめるといいけどなぁ。

 

 

~あらすじと感想~

「奪われた妻を助けるため、故郷(アフリカ)に帰る。」

というお話。

 

 

結論からして

面白かったああああああああ。

 

 

まぁ、話の流れはありがち。

でもアクションでカバーされてるって感じかな。

 

しかも、過去回想シーンがあるから、

まったくターザンを知らない人でも楽しめるようになってる。

 

親切( ;∀;)

 

 

そして、ターザンつえぇw

 

バカみたいに強い。

無双。

凄まじく高いところから飛び降りても死なない。

 

まぁ、映画だもんね(笑)

 

 

とりあえず、臨場感、疾走感、とても満足

f:id:kennbunnki:20161214004745p:plain

 

 

 ↓ネタバレ注意↓

 

 

 

~臨場感あふれるアクション~

 

今作のおすすめポイントは何といってもここでしょ。

 

戦闘シーンはもちろん凄まじい。

ゴリラとの戦いでは、ハラハラしたね。

 

さらに、移動にさえ臨場感があふれている。 

特にツルにぶら下がって移動するやつ!

f:id:kennbunnki:20161214004954p:plain

これがまたかっこいい!!

おーすげえすげえ!って

感じ。

よく撮れてますな~。

 

 

 

 ~種族を超えた信頼関係~

ターザンは昔、ゴリラに育てられ、その仲間だったが、

今の妻と出会った結果群れを追い出されてしまった。

 

今回は久しぶりにその仲間に会い、結果的に力を借りることになる。

f:id:kennbunnki:20161214014936p:plain

人同士なら良くある話だが、

動物と人っていう設定がまたいい。

 

 更にゴリラだけではなく、

 ライオンとも久々の再開をするというシーンもあり、

ターザンが愛されていたことを物語っていた。

f:id:kennbunnki:20161214015258p:plain

こういう、動物との友情っていいよね。

 

 

 

~役者補足~

ここからは完全に内容と関係なく、

趣味です(笑)

 

今作では、この人なんかの映画で見たな~

って人が二人いたので紹介しておきたい。

 

今作のヒロインは

マーゴット・ロビー

f:id:kennbunnki:20161214015736p:plain

 

この方、

ちょっと前に公開された「スーサイド・スクワット」の

ハーレークイン役の方。

f:id:kennbunnki:20161214015853p:plain

うん、かわいいね。

個人的にはハーレー姿のほうがかわいい

うん、個人的にはね。

 

 

そしてもう一人、

f:id:kennbunnki:20161214020339p:plain

はい。この人誰でしょー。

 

 

 

スターウォーズマスターウィンドウ役。

f:id:kennbunnki:20161214021322p:plain

アベンジャーズリック・フューリー役。

f:id:kennbunnki:20161214021406p:plain

 

そう、サミュエル・L・ジャクソンさんだね。

 

ずっと頭に引っかかてた。

 

この人の演じる上の二つとは対照的に、

この画像の顔が頼りなさが出てるってことは

一流なんだね。

 

 はい、趣味タイム終了。

 

 

 

今作はとっても面白かった

これはぜひ見てほしいかな。

間違いなく、後悔はしない作品だし、

きっと満足すると思う。

 

アクション好きなら間違いはない!

 

是非是非見てくれい!

 

 

予想できるかな?カオス映画「キャビン」

 

みなさんどうも。

 

テストやら何やらでほぼ1週間映画が見れず、若干飢え気味(笑)

 

今回見る映画は

「キャビン」

「キャビン」の画像検索結果

 

 

予告編で、

絶対に予想できない!賭けてもいい!

と言ってたから、

よっしゃ当ててやろーじゃねーか!

と思って見てみた。

 

さてさてどうかなー♪

 

~あらすじ&感想~

何も知らない5人がすべてが操作、監視される別荘に行くお話(笑)

すげーザックリwww

でもこんな感じ!関連画像

これが別荘。

一方別の場所では、、、

「キャビン 映画」の画像検索結果

この部屋で別荘のことがすべてが操作、監視される。

ボタン一つで家の鍵とか、天気とか、様々変えられちゃう。こえーなおい。

 

結論としては、

うん、面白かった

この作品はとにかく内容が命。

アングルとはアクションとかはふつー(笑)

 

よく作り込まれてるし、

作品の発想がすごい!

 

 

しかしbut!

中盤で予想できました(笑)

 

予告詐欺じゃねーか!

 

 オチはなーんだって感じだったかな。

人によってはB級映画って感じかもね。

 

では、細かい話をしていこうか。

 

↓ネタバレ注意↓

 

 

~とにかく発想が面白い~

 今作の命とも言えるストーリー。

これにはなかなかの面白みを感じた。

関連画像

怪しい人たちの目的はその5人組を殺すこと。

何故かは映画を見てくれ。

 

そーゆー発想はドキドキして楽しいね。

 

 

 

~色々出てくる怪物たち~

結構ネタバレになるけど、めっちゃ怪物出てくる。

特に最後はほんとにカオス(笑)

やり過ぎだろって笑えるくらいバンバン出てきた。

関連画像

 まじカオスww

 

 

~ちょっと残念な最後~

これに関しては残念しかない。

期待していたのに(-_-)ウーム

 

だからオチは期待しないでほしい。

 

予想もできちゃったしね(笑)

 

 

ちなみに、

メインキャラの一人は

アベンジャーズ、マンティス・ソーでお馴染みの

クリス・ヘムズワース

「キャビン クリス」の画像検索結果

はぁ、かっこよ…

 

今作はこんな感じ。

 

オチは残念だったが、

面白い作品だった。

 

ホラーとか、血とかダメな人はやめておこう

でもそこまでホラーホラーしてないから、

まぁ、楽しめるっしょ(笑)

 

もーすぐ公開のスターウオーズが待ち遠しい。。。

 

ではでは~

戦時の日常映画「この世界の片隅に」

はいども。

 

最近FFの新作が楽しくて

睡眠不足です。

 

今回見る映画は、

この世界の片隅に

f:id:kennbunnki:20161204235222p:plain

 

いやー、前々から気になってたんだけど、

長引いちゃった(笑)

 

アニメならではの描写や表現、

更に、どんなストーリーなのか

とっても気になるところ。

 

でわさっそく要チェケラ!

 

 

 ~あらすじと感想~

この作品は、ざっくり言うと

戦時の日常映画というイメージ。

 

主人公が嫁に呼ばれ、

知らない人たちと生活していくその日常が主な内容。

f:id:kennbunnki:20161204235809p:plain

うっかり屋さんの主人公ゆえ、

所々にも笑いがある。

終盤までほのぼの観られる。

 

ただ、声優に能年玲奈さん改めて、「のん」さんを起用したのはちょっとって感じかな。。。

もう少し他にいたと思うけど、

まぁこれはこれか。って感じ。

 

そしてまた小野Dだよ(笑)

幾度となく聞いたよ(笑)

でも彼の担当する人が切なくて、また良い。

 

うん、そう思うと

内容的には面白かったし、

多少なりとも感動したかな。

 

ただ、レビューでは

めっちゃ感動する!

涙か止まらなかった!などなど、

期待値をあげてくれるコメントばかりだったので、楽しみだったが、、、

 

うるっとはしたものの、

泣きはしなかった(感性に乏しくてごめんなさい笑)

 

 

~大変でも愉快な日常~

 今作の見どころはなんといっても

戦時中の日常。

 

忙しく、貧しく、大変な生活でも、

愉快で楽しい日常が描かれている。

 

f:id:kennbunnki:20161205000017p:plain

 

ドジでうっかり屋という、主人公の性格が

また楽しい日常を描く際に拍車が掛かっているのかもしれない。

 

 

~意外にあっさり~

 見た人の大半が泣いた!

と言ってたから

いったいどんな内容なのか期待していた。

 

夫が戦争に行き、会えなくなり、終戦を迎えて久々の再会!

的なクライマックスだと思ってたけど、

終戦を終えた後、

意外とすぐ会えてしまう(笑)

 

あ、よかったねーって感じ。

 

ちょっと残念。

新しいといえば新しいのかな。

 

まぁ泣くシーンはここでは無いということ。

詳しくは劇場で。

 

 

 

~リピーター多し~

今作は11/12に公開された。

もう半月も経ってるし、ガラガラだろ

とタカをくくって新宿の映画館に向かったら、、、

 

なんと超満席!

お陰で品川まで行くハメに…

 

とまぁ、レビューに書かれたことは

あながち嘘では無さそうだ。

(なぜ俺は泣かないんだろ…)

 

あれかな、ハマる人はハマル的な!

 

 

 

と言った具合の映画であった。

 

また見たいとは思わないけど、

いい話だった。

 

皆も1度見に行ってもいいかも知れない。

感動する人には感動するからね(笑)

 

でわでわ~(^_^)/~~

科学進歩は人を超える!?「トランセンデンス」

どうも

こにゃにゃちわ(古)

 

今回見る映画は

トランセンデンス

f:id:kennbunnki:20161202180922p:plain

主演はなんとジョニー・デップ!!!

 

テンション上がるわー↗↗

 

というわけで早速観てきます~

 

 

~ざっくりあらすじと感想~

主人公の脳をコンピューターにインストールし、世界を変える

 

というこのお話。

 

感想を言ってしまうと、

ちょっと惜しい感じ。

 

正直そんなにハラハラする映画ではない

が面白くないわけではない。

 

といった感じ。

 

もうちょっとスリルがほしいなって感じた。

 

なんだろう、

科学の進歩ってスゲー!>話のオチ。

 

これは映画で観るより、

本で読みたい(笑)

 

まぁ、見ればわかるさ。

 

 

 

 

~主人公ジョニー・デップねぇ…~

今作の主役は何度も言うようにジョニー・デップ

 

しかし、なんだろう。

いつものジョニーワールドではなかった。

 

おそらく、まともな人の役だったからかな(笑)

など、いつもちょっと変わった人間役。

 

 

 ~だか、やはり演技はすごい~

しかしさすがのハリウッドスター。

演技はすごい。

 

いつもの役なら、表情や身振り素振りを使って

全力で感情を出すにもかかわらず、

 

今作の彼の無表情、無感情の演技

さすがだなと思った。

 

やはり、プロは違う。

f:id:kennbunnki:20161202185419p:plain

こんな感じで、パソコンの中にいる。

 

しっかりと、人間ではありませんよ、

機械ですよ感が伝わってきた。

 

 

 

~科学の発展の脅威~

少し内容にも触れようかな(笑)

 

コンピューターの中の主人公は、

世界を変える」という目的のため

細胞の再生、枯れた植物が蘇る

など様々な開発を成功させる。

 

まぁただ、SFあるあるのやりすぎ

が原因で「世界を支配する

と疑われてしまう。

 

そういった人間心理もリアルであり、

分からなくもない感情であるから、

話に入り込みやすい。

 

 

 

~なんといっても豪華なキャスト~

今作の見どころの一つとして、

豪華なキャストがあげられる。

 

ジョニー・デップ

f:id:kennbunnki:20161202183138p:plain

はぁ、なんてかっこいいんだ…

 

 

 

そして安定の

モーガン・フリーマン(笑)

f:id:kennbunnki:20161202183418p:plain

マジこの人、幾度となく見てきたわw

 

出すぎだろww

 

さらにさらに、

レベッカ・ホール

f:id:kennbunnki:20161202183821p:plain

はい、美人!

「アイアンマン3」や、今年の映画「GIFT」にも出てたね。

 

なんとまぁ、豪華な顔ぶれで(笑)

 

 

 

とまぁ、今作はこんな感じ。

 

やっべ、くそおもしろ!

ってわけじゃないけど、

 

うん、面白かったね。的なかるーい感じ

 

SF好きには好きかもしれないけど、

ちょっと途中で飽きちゃうかもね。

 

次は何見ようかな~♪

これぞダークヒーローだ!「ドラキュラZERO」

はいどーもー、

こんばんわん。

 

今回見る映画はこちら。

 

ドラキュラZERO

f:id:kennbunnki:20161128200253p:plain

もういかにも中二病って感じのタイトル画像。

 

いやー、たまりません(*'ω'*)

 

というわけで早速見て来ます。

 

 

~ざっくりあらすじと感想~

写真に書いてある通り、

妻子と国のためにドラキュラの力を得て戦う

 

というお話。

 

 

俺が思ったと通り、

悪の力だの、コウモリだの、

中二病全開

そういうお方には大好物だな。

f:id:kennbunnki:20161128205452p:plain

でも面白かった(笑)

アベンジャーズ」とか「XMEN

が好きな人は見るべき。

 

まぁ、つまり王道SFアクション。

話の内容より、アクション重視。

 

 

~アクション重視だけのことはある!~

さすがはアクション映画。

待たせたな!的戦闘シーンが興奮物。

 

今作はドラキュラというだけあって、コウモリっぽい能力。

だが、それがまたいい!!

 

  1. 聴力がヤバイ
  2. 遠くの物の位置が分かる
  3. 飛べる
  4. コウモリを操れる。
  5. あふれるパワー

 

という凝った設定。

 

大軍VS主人公1人というシーンもあり、

THEヒーロー映画。

無双ですよ主人公。

 

f:id:kennbunnki:20161128214036p:plain

コウモリの集団を操っているこのシーン。

ここはCGすげえ!

って思ったね。

操ってる主人公もかっこよかったし。

 

 

さらに飛ぶ姿もかっこいい!

f:id:kennbunnki:20161128214446p:plain

もう中二病やんね(笑)

 

 

~アングルにもこだわる~

アクション映画だけあってカメラアングルも楽しい。

 

飛んでるコウモリの目線の映像もあり、

疾走感がよく伝わる。

 

さらに、剣の表面に反射して写っている所を撮っているシーン(分かりにくくてごめんm(__)m)

も、なかなかオリジナリティがあったかな。

 

 

 

こんな感じかな。

内容は特にって感じだし、

アクション主体だから、説明できないや。

 

とにかく

かっこよかった!

 

こういう映画は全然疲れないね。

1時間半の映画だし、なおさら。

 

 

やっぱり、魔法とか不思議な力ってのは

興奮するわー(笑)

 

ヒーロー系映画が好きなら絶対好きだよこれ。

 

 

これは見てほしい

というか、

また見たい(笑)

 

では、また次回~

 

話は逸れるけど、

ドラキュラヴァンパイアの違い

気になってんで調べてみた。

 

ドラキュラ・・・人やその他生き物の血を吸う怪物(吸血鬼)

ヴァンパイア・・・血とは限らず生き物の精気を吸ってエネルギーとする怪物。

 

なんだってさ。

すっげー悲しい物語。「縞模様のパジャマの少年」

どうも。

なんだかんだで3本目。

映画って楽しいね(笑)

 

さて、今回観た映画は

縞模様のパジャマの少年

f:id:kennbunnki:20161125194723p:plain

 

ゲオで「何借りようかな~♪」と探していた時、

「落ち込んだ時に見ると立ち直れます!」

と書かれたポップが目に入り、思わず借りてしまった。

 

というわけで早速拝見…

 

~ざっくりあらすじ~

 本当にざっくり言ってしまうと、、、

ユダヤ人強制収容所にいた同じ年の少年と友達になる

という話。

 

主人公↓

f:id:kennbunnki:20161126003013p:plain

ネタバレになっちゃうから

ここではこれ以上の補足はやめとくね(*'ω'*)

 

この作品がまた「衝撃」だったし、

なんといっても悲しかった

 

 

まぁ、大体オチ予想はつくわ~

って思ってる人!!

大間違い!!!だと思う(笑)

 

ラスト30分からの土堂の急展開ね。

(まぁ、あくまで俺個人の話なんで、感がいい人は気づけるかも)

とにかく、俺は全く予想してなかったから、余計驚いちゃった。

 

でも、あのゲオのポップ「落ち込んだ時に見ると立ち直れます!

の意味は何となく分かるかも。

お前の落ち込みなんか、ちっさいんだぜ!!って言われた気分。

割と荒療治…

 

本作は12歳以下は禁止されている。

それくらいの内容だ。

 

グロイとか、エグイとかではなく、

惨い…

といったほうがぴったりだろう。

 

 

~主人公の心情~

今作では主人公の心情が特に激しく動く。

まぁ、八歳の少年なら仕方ないよね。

 

同じ人間なのにユダヤ人はなぜ敵なのか。

そもそもユダヤ人がなにをしたのか。

なぜ、話すことも会うことすらタブーなのか。

 

などなど、無知の少年だからこそ

考えさせられることがたくさんだ

 

特に主人公がパウエル(ユダヤ人の召使)に何気ない会話をするシーンは

とても重く、つらく感じた。

少年の素朴な質問は召使にとってさぞ辛かったろう。。。

彼の表情は演技とは思えないほどリアルで、俺は引き込まれた。

f:id:kennbunnki:20161126014345p:plain

いまでもこの画像を見ただけで込み上げてくるものがある。。。

 

さらに、彼は、シュムエル(ユダヤ人のお友達)への小さな裏切りによって

生まれた罪悪感が、ある約束を交わす。

その約束を果たすため、それが本作ラストのカギとなる。

 

 

とまぁ、今回はあんまし感想言えなかったなぁ。

というか、自分でもわかりにくいね今回(笑)

 

いつもみたく、いろいろ書きたいんだが、

内容が内容だけに、とっても書きにくい。。。

 

ここまでめちゃくちゃ時間かかったもん(笑)

 

でもこの作品もぜひ見てほしい。

1時間半で、時間的には疲れないが、

 

何度も言うように、

とっても悲しくなる

 

ただ、間違いなく心には残る。

こういうのを名作っていうのかなぁ。

ハリーワールドは侮れねぇな 「ファンタスティックビースト」

公開ホヤホヤ。

ファンタスティックビーストと魔法使いの旅

早速見てきたー(((o(*゚▽゚*)o)))

f:id:kennbunnki:20161124234854p:plain

 

まぁとりあえず、すごい客!

やはりハリーワールド人気は侮れないね。

カップル多くて辛かったよ?

 

さて、今回の見どころはなんと言っても

ハリーワールドの新作

どんな魔法をどう表現するのかに期待。

 

そして、初めて見る魔法動物達

f:id:kennbunnki:20161124235539p:plain

コマーシャルで見たように

トランクから出てくる魔法動物達は

どんな動物で、能力があるのか。

楽しみですなー( *´艸`)

 

 

~ざっくりあらずじ~

すげーざっくりいうと、

人間界に逃げ出した魔法動物探し 

 って感じ。

 

f:id:kennbunnki:20161124235626p:plain

なんか闇の力的なのも存在してた。

ここでは詳しく言えないから

気になったら劇場へ(笑)

 

見終わった感想として、

ハリー映画はやっぱすげぇな

 

満足したし、楽しかった。

見る前は、動物ネタで終わりそう。とか、

動物動物って言ってるけど、そんなに出てこなさそう。

って思ってたけど、

(ヾノ`・□・´ )ノンノン

 

程よく出てきた(笑)

多過ぎず、少な過ぎず。

ベストな感じ。

さすが超一流映画。

 

更に動物ネタだけではなく、

ちゃんと人間的なストーリーもあったし、

少しだが魔法バトルもあって、

言うことなし。

と思ってる。

 

さらに言えば、魔法動物を使って問題を解決する

という、この物語らしく、魔法だけじゃないんだぜ感(笑)

そこがまた新しくて楽しいところの一つだった。

 

 

~それでも魔法ネタは面白い~

ハリー映画と言えばやはり魔法。

今回もいっぱい使ってた。

てか、姿あらわし使いすぎw

みんなバンバン消える(笑)

 

知ってる呪文も多数出てきて、

ハリーシリーズとの繋がりを感じる。

f:id:kennbunnki:20161125003849p:plain

 

印象に残ったシーンが、

空中で具材を切り、混ぜて、焼いて

料理を作るシーン。

あぁ、ハリーっぽい(*n´ω`n*)

(まな板の上でもよくね?とかは言わないで)

 

でも、少し思ったのは、

みんな人間界で魔法使いすぎ!!!

絶対見られてるから!!姿あらわし!

絶対バレてるから!!

どーせ後で記憶消すから、別に良いでしょスタンスね。

ちょっと適当やん(笑)

 

 

~多種多様な魔法動物達~

作品には個性豊かな動物が出てくる。

姿を消せる動物もいれば、

伸縮自在の動物、見た目が気持ち悪い動物などなど、

発想が豊かすぎ!

どっから浮かぶんだろうね。こういうアイデアってのは。

 

とりあえずみんな可愛い。

やっぱ動物っていいね(笑)

おすすめはこの子ニフラー!

f:id:kennbunnki:20161124235933p:plain

 この子がまたかわいくてかわいくて(・∀・)ニヤニヤ

う~ん、 愛くるしい~~~('ω')

 

 

~初めての人間界メンバー~

今回出てくるメインキャラの中に、

シリーズ初の非魔法使いキャラがいる↓

f:id:kennbunnki:20161125001724p:plain

この人はちゃんとした人間(笑)

つーか、ただのおっさん。

 

突然の非現実的な光景に戸惑う姿に

改めて、魔法ってすごいんだ。と思わせてくれた。(たぶん)

 

引き立て役だね。

 

 

 

とまぁ、こんな感じかな。

 

今回のハリーワールドのこの作品。

これはぜひとも見てほしい

「レヴェナント」みたく、

見る覚悟が全くいらない(笑)

 

今日暇だからハリーでも見に行くか!

的なスタンスで十分に楽しめる作品だと思っている。

 

というか

疲れない!

 

誰でもわくわくできる明るく楽しい作品になっている。

なおかつ、

ハリーポッターを全く知らなくても、

 

十分に楽しめる作品だ!

 

私見ではあるが、

おそらく続編があると踏んでいる。

 

ハリーシリーズみたく、

進むにつれて暗くなるのだけはやめてほしい(笑)

 

是非みんなも劇場で!